「過去100年で最大」のダイヤモンドが競売へ

予想落札額は75億円

 5月4日、過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット、写真)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[4日 ロイター] - 過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。競売大手サザビーズが4日、明らかにした。

落札額は7000万ドル(約75億円)以上になると予想されている。

この原石はアフリカ南部のボツワナで昨年11月に発見され、現地語で「私たちの光」を意味する「レセディ・ラ・ロナ」と名付けられた。

サザビーズによると、1905年に南アフリカで見つかった3106カラットのダイヤに次ぐ2番目の大きさになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT