「過去100年で最大」のダイヤモンドが競売へ

予想落札額は75億円

 5月4日、過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット、写真)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[4日 ロイター] - 過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。競売大手サザビーズが4日、明らかにした。

落札額は7000万ドル(約75億円)以上になると予想されている。

この原石はアフリカ南部のボツワナで昨年11月に発見され、現地語で「私たちの光」を意味する「レセディ・ラ・ロナ」と名付けられた。

サザビーズによると、1905年に南アフリカで見つかった3106カラットのダイヤに次ぐ2番目の大きさになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。