「過去100年で最大」のダイヤモンドが競売へ

予想落札額は75億円

 5月4日、過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット、写真)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[4日 ロイター] - 過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。競売大手サザビーズが4日、明らかにした。

落札額は7000万ドル(約75億円)以上になると予想されている。

この原石はアフリカ南部のボツワナで昨年11月に発見され、現地語で「私たちの光」を意味する「レセディ・ラ・ロナ」と名付けられた。

サザビーズによると、1905年に南アフリカで見つかった3106カラットのダイヤに次ぐ2番目の大きさになる。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。