12.03カラットのブルーダイヤが競売へ

落札予想価格は最高66.8億円

 11月4日、競売大手サザビーズは、スイスのジュネーブで11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」(写真)が出品されると明らかにした。落札予想価格は約42億5000万─66億8000万円。4日撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 4日 ロイター] - 競売大手サザビーズは4日、スイスのジュネーブで今月11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」が出品されると明らかにした。落札予想価格は3500万─5500万ドル(約42億5000万─66億8000万円)。

このブルーダイヤは2014年に南アフリカで発見された。グレードは、一般的に最も高い価格が付けられる「ファンシービビッド」。

11日の宝飾品オークションでは500点以上が出品される予定。「ブルームーン」のほか、過去に俳優ショーン・コネリーが所有していた15.20カラットのファンシーオレンジピンクダイヤのペンダントも出品され、120万─240万ドルの値が付くと予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。