12.03カラットのブルーダイヤが競売へ

落札予想価格は最高66.8億円

 11月4日、競売大手サザビーズは、スイスのジュネーブで11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」(写真)が出品されると明らかにした。落札予想価格は約42億5000万─66億8000万円。4日撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 4日 ロイター] - 競売大手サザビーズは4日、スイスのジュネーブで今月11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」が出品されると明らかにした。落札予想価格は3500万─5500万ドル(約42億5000万─66億8000万円)。

このブルーダイヤは2014年に南アフリカで発見された。グレードは、一般的に最も高い価格が付けられる「ファンシービビッド」。

11日の宝飾品オークションでは500点以上が出品される予定。「ブルームーン」のほか、過去に俳優ショーン・コネリーが所有していた15.20カラットのファンシーオレンジピンクダイヤのペンダントも出品され、120万─240万ドルの値が付くと予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。