12.03カラットのブルーダイヤが競売へ

落札予想価格は最高66.8億円

 11月4日、競売大手サザビーズは、スイスのジュネーブで11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」(写真)が出品されると明らかにした。落札予想価格は約42億5000万─66億8000万円。4日撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 4日 ロイター] - 競売大手サザビーズは4日、スイスのジュネーブで今月11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」が出品されると明らかにした。落札予想価格は3500万─5500万ドル(約42億5000万─66億8000万円)。

このブルーダイヤは2014年に南アフリカで発見された。グレードは、一般的に最も高い価格が付けられる「ファンシービビッド」。

11日の宝飾品オークションでは500点以上が出品される予定。「ブルームーン」のほか、過去に俳優ショーン・コネリーが所有していた15.20カラットのファンシーオレンジピンクダイヤのペンダントも出品され、120万─240万ドルの値が付くと予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。