12.03カラットのブルーダイヤが競売へ

落札予想価格は最高66.8億円

 11月4日、競売大手サザビーズは、スイスのジュネーブで11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」(写真)が出品されると明らかにした。落札予想価格は約42億5000万─66億8000万円。4日撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 4日 ロイター] - 競売大手サザビーズは4日、スイスのジュネーブで今月11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」が出品されると明らかにした。落札予想価格は3500万─5500万ドル(約42億5000万─66億8000万円)。

このブルーダイヤは2014年に南アフリカで発見された。グレードは、一般的に最も高い価格が付けられる「ファンシービビッド」。

11日の宝飾品オークションでは500点以上が出品される予定。「ブルームーン」のほか、過去に俳優ショーン・コネリーが所有していた15.20カラットのファンシーオレンジピンクダイヤのペンダントも出品され、120万─240万ドルの値が付くと予想されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。