12.03カラットのブルーダイヤが競売へ

落札予想価格は最高66.8億円

 11月4日、競売大手サザビーズは、スイスのジュネーブで11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」(写真)が出品されると明らかにした。落札予想価格は約42億5000万─66億8000万円。4日撮影(2015年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 4日 ロイター] - 競売大手サザビーズは4日、スイスのジュネーブで今月11日に開催されるオークションに、12.03カラットのブルーダイヤモンド「ブルームーン」が出品されると明らかにした。落札予想価格は3500万─5500万ドル(約42億5000万─66億8000万円)。

このブルーダイヤは2014年に南アフリカで発見された。グレードは、一般的に最も高い価格が付けられる「ファンシービビッド」。

11日の宝飾品オークションでは500点以上が出品される予定。「ブルームーン」のほか、過去に俳優ショーン・コネリーが所有していた15.20カラットのファンシーオレンジピンクダイヤのペンダントも出品され、120万─240万ドルの値が付くと予想されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。