混戦のフリマアプリ、後発メルカリが爆伸

ダウンロード数は絶好調、ただ競合も相次ぐ

スマホで気軽に売買できるフリマアプリが人気を集めている

スマートフォン(スマホ)で商品を撮影して気軽に出品。個人間で衣類や雑貨を売買するのに便利な、フリーマーケット(フリマ)アプリの利用が広まっている。

ネットの個人間取引市場ではパソコンが主流の時代から、ヤフーのネットオークション「ヤフオク!」が圧倒的な勢力を誇ってきた。しかし、スマホの浸透を追い風に、フリマアプリが若い世代を中心に利用者を拡大。中でも、ユーザーを急増させているのが、メルカリだ。

2000万ダウンロードが視野に

「年内にも国内ダウンロード(DL)数は2000万を超える」。こう力を込めるのはメルカリの小泉文明取締役。2013年7月にサービスを開始すると、今年2月に国内で1000万DLを突破、9月には1800万DLと、フリマアプリでは国内最大のユーザー基盤を誇る。

これまで、フリマアプリは特定のユーザー層に訴求しやすい、ジャンル特化型のサービスが先行していた。2012年7月に女性向けファッションに限定した「フリル」が先陣を切り、ハンドメード作品に特化した「ミンネ」が続いた。

次ページ後発メルカリはどんな策を打ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。