混戦のフリマアプリ、後発メルカリが爆伸

ダウンロード数は絶好調、ただ競合も相次ぐ

スマホで気軽に売買できるフリマアプリが人気を集めている

スマートフォン(スマホ)で商品を撮影して気軽に出品。個人間で衣類や雑貨を売買するのに便利な、フリーマーケット(フリマ)アプリの利用が広まっている。

ネットの個人間取引市場ではパソコンが主流の時代から、ヤフーのネットオークション「ヤフオク!」が圧倒的な勢力を誇ってきた。しかし、スマホの浸透を追い風に、フリマアプリが若い世代を中心に利用者を拡大。中でも、ユーザーを急増させているのが、メルカリだ。

2000万ダウンロードが視野に

「年内にも国内ダウンロード(DL)数は2000万を超える」。こう力を込めるのはメルカリの小泉文明取締役。2013年7月にサービスを開始すると、今年2月に国内で1000万DLを突破、9月には1800万DLと、フリマアプリでは国内最大のユーザー基盤を誇る。

これまで、フリマアプリは特定のユーザー層に訴求しやすい、ジャンル特化型のサービスが先行していた。2012年7月に女性向けファッションに限定した「フリル」が先陣を切り、ハンドメード作品に特化した「ミンネ」が続いた。

次ページ後発メルカリはどんな策を打ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
AI店舗の衝撃<br>トライアル、サツドラの挑戦

九州地盤のスーパーと北海道のドラッグストアチェーン。日本の両極で、AI・ハイテクを駆使した近未来店舗が誕生している。デジタルサイネージ広告、AIカメラ、スマートレジ、スマホアプリ……。AI店舗の最前線をルポ。