希少な宝飾用ピンクダイヤモンドが競売へ

落札予想価格は最高41億円

 5月9日、非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンド(写真)が競売にかけられることになった。(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 9日 ロイター] - 非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンドが競売にかけられることになった。競売会社サザビーズによると、色鮮やかな15.38カラットのこのピンクダイヤの落札想定価格は2800万─3800万ドル(約30億─41億円)。

オークションは5月17日にスイスのジュネーブで行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT