大粒ブルーダイヤ、史上最高額63億円で落札

14.62カラットのオッペンハイマー・ブルー

 5月18日、大粒で希少なブルーダイヤモンド「オッペンハイマー・ブルー」(写真)がジュネーブで競売にかけられ、宝石としては史上最高額となる約63億4000万円で落札された。12日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 「オッペンハイマー・ブルー」と名付けられた大粒で希少なブルーダイヤモンドがスイスのジュネーブで18日に競売にかけられ、5683万7000スイスフラン(約63億4000万円)で落札された。宝石としては史上最高額だという。

競売会社クリスティーズが明らかにした。

これまでの最高額は、昨年11月にライバルのサザビーズで落札された「ブルームーン・ダイヤモンド」の4860万ドル(約53億6000万円)。

オッペンハイマー・ブルーは14.62カラットで、オークションにかけられた中では最大の色鮮やかなブルーダイヤモンド。ロンドンのダイヤモンド・シンジケートを支配していたフィリップ・オッペンハイマー卿が所有していた。推定落札価格は3800万─4500万ドルだった。

落札者は今のところ不明。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT