大粒ブルーダイヤ、史上最高額63億円で落札

14.62カラットのオッペンハイマー・ブルー

 5月18日、大粒で希少なブルーダイヤモンド「オッペンハイマー・ブルー」(写真)がジュネーブで競売にかけられ、宝石としては史上最高額となる約63億4000万円で落札された。12日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 「オッペンハイマー・ブルー」と名付けられた大粒で希少なブルーダイヤモンドがスイスのジュネーブで18日に競売にかけられ、5683万7000スイスフラン(約63億4000万円)で落札された。宝石としては史上最高額だという。

競売会社クリスティーズが明らかにした。

これまでの最高額は、昨年11月にライバルのサザビーズで落札された「ブルームーン・ダイヤモンド」の4860万ドル(約53億6000万円)。

オッペンハイマー・ブルーは14.62カラットで、オークションにかけられた中では最大の色鮮やかなブルーダイヤモンド。ロンドンのダイヤモンド・シンジケートを支配していたフィリップ・オッペンハイマー卿が所有していた。推定落札価格は3800万─4500万ドルだった。

落札者は今のところ不明。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT