希少な大粒ピンクダイヤ、34億円で落札

宝飾用ピンクダイヤとしては過去最高額

 5月17日、非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンド「ユニーク・ピンク」がスイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。写真は9日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンドが17日、スイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。

今回落札された15.38カラットの「ユニーク・ピンク」は、洋ナシ型にカットされ、指輪に取り付けられている。落札者は電話で参加したアジアの民間コレクターだという。

宝飾用ピンクダイヤのこれまでの最高落札額は、昨年11月にクリスティーズが競売にかけた「スイート・ジョゼフィーヌ」(16.08カラット)で、落札価格は2850万ドルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。