希少な大粒ピンクダイヤ、34億円で落札

宝飾用ピンクダイヤとしては過去最高額

 5月17日、非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンド「ユニーク・ピンク」がスイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。写真は9日撮影(2016年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 17日 ロイター] - 非常に珍しい大粒のピンクダイヤモンドが17日、スイスのジュネーブで競売にかけられ、3080スイスフラン(3146万ドル、約34億円)で落札された。主催したサザビーズによると、宝飾用ピンクダイヤの落札額としては過去最高だった。

今回落札された15.38カラットの「ユニーク・ピンク」は、洋ナシ型にカットされ、指輪に取り付けられている。落札者は電話で参加したアジアの民間コレクターだという。

宝飾用ピンクダイヤのこれまでの最高落札額は、昨年11月にクリスティーズが競売にかけた「スイート・ジョゼフィーヌ」(16.08カラット)で、落札価格は2850万ドルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT