シャープ、戴社長のリストラに高まる緊張

"信賞必罰"の人事に幹部も社員も戦々恐々

戴新社長が実際に住む、大阪・西田辺のシャープ社員寮(記者撮影)

もっとも、ようやく組織が動き出した新生シャープだが、リストラの次の具体的な再建計画については、いまだ判然としない。

債務超過は鴻海の出資3888億円で解消されたが、本業は今第1四半期も営業赤字。黒字化には赤字の元凶である液晶事業の収益化が急務だ。その液晶は中国メーカーの台頭、スマホ市場の成長鈍化、有機ELの浸透で、競争がますます激しい。鴻海傘下の液晶メーカーやSDPとの共同調達、営業の連携でシナジー創出を図るとはいえ、その効果は未知数といえよう。

当記事は「週刊東洋経済」9月24日号 <9月17日発売>からの転載記事です

戴は台湾の電機メーカー、大同で日本駐在を経験し、日本語を習得。鴻海に入社後、任天堂やソニーとの案件をまとめ上げて郭に見いだされた、立志伝中の人物である。実はシャープの社長も当初、ハイアール傘下アクアの前社長や鴻海グループ企業社長らが検討されたものの、戴が急きょ引き受けたという。

腹心の戴を日本に送り出した郭の、再生に賭ける意気込みは本気だろう。新たなボス=戴に忠誠を誓う新生シャープは、今度こそ生まれ変われるのか。=敬称略=

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT