月額500円「LINEモバイル」は躍進できるか

「大本命」だが販売体制などに課題も

LINEモバイルを率いる嘉戸彩乃社長。外資系証券出身でさまざまなM&Aに携わった経歴を持つ

いよいよ「大本命」の登場だ。9月5日、メッセンジャーアプリ国内首位のLINEが、3月に公表していたMVNO(仮想移動体通信事業者。大手通信会社のインフラを借りて格安スマホ事業を展開する)事業の全容を発表した。

通信料金など、大筋は3月に公言していたとおりだが、今回、新たに発表した点も数多い。

LINEユーザー向けの料金プラン

LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏は開口一番、「日本はほかの先進国と比べてスマートフォンの使用率が56.9%と低い。フィーチャーフォン(いわゆる従来型携帯電話。ガラケーとも)の利用者がまだ5割近くもいる」と指摘。今回のMVNO参入は、ガラケーユーザー層を強く意識したものだと強調した。

LINEは2年前からMVNO事業への参入を検討してきた。スマホ利用者への調査では、「(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社の)月額通信料が高すぎる」「自分に合ったプランがない」「データ通信量の制限に毎月悩まされる」という3つの大きな不安が抽出された。そのため、参入の仕方次第では十分成長性があると判断したという。

今回提供するプランは大きく2つに分けられる。1つはスマホ初心者向けの「LINEフリー」だ。LINEの通話・トークが使い放題でデータ通信料がかからないプランで、それ以外の月間データ通信量は1ギガバイトまで。料金は、LINEとデータ通信のみなら月額500円、SMS(ショートメッセージ)を加えると同620円、データ通信に音声通話(30秒ごとに20円)をつけると同1200円となる。明らかに、主にLINEを使うことを前提にした初心者向けプランだ。

次ページ端末のラインナップは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。