月額500円「LINEモバイル」は躍進できるか

「大本命」だが販売体制などに課題も

もう1つは「コミュニケーションフリー」プラン。LINEのほかに、SNSのツイッターやフェイスブックの通信量がカウントされず、使い放題となる。LINEとSNSを頻繁に使う層を意識したものだ。

「MVNOユーザーを調査した結果、『データの上限を超えると通信速度が極端に遅くなり、途端にSNSが使えなくなる』ことへの不満が膨大にあることがわかった。そこで、月の途中で上限を超えてもツイッターやフェイスブックをいつも通り使えるようにした」(舛田氏)。

このプランは動画鑑賞やゲームをするヘビーユーザー層も意識している。最低価格が月3ギガバイトのデータ通信にSMSをつけたもので月額1110円。最高価格が月10ギガバイトに音声通信をつけた3220円だ。

端末ラインナップは8種類

端末ラインナップは1万円半ばから約5万円まで

ドコモのインフラを利用するため、通信エリアはドコモと同等。通信速度(理論値)は下り毎秒375メガビット、上り毎秒50メガビットだ。

ただ、MVNOは昼休みなど、利用が集中する時間に通信速度が遅くなりがち。実際の速度はどうなのか。LINEモバイルの嘉戸彩乃(かど・あやの)社長は「使われ方によって変動するが、快適な通信環境になるように注視していく」と明言を避けた。

端末については、9月5日から限定2万台の先行販売を開始。本格的な販売は10月からを予定している。ラインナップは、シャープ製や富士通製など8機種のスマホを用意した。

価格は1万3800円~4万9800円。1万円台の機種は初心者向け、3万~4万円台の機種はヘビーユーザー向けと位置付けている。「メーカーとの交渉の進捗次第で新機種を出していきたい」(舛田氏)。もちろん、通信に必要なSIMカードだけでも契約でき、それを自分のスマホに挿して利用することも可能だ。

次ページ販売は大丈夫なのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT