シャープ、戴社長のリストラに高まる緊張

"信賞必罰"の人事に幹部も社員も戦々恐々

組織についても旧シャープのそれを大きく否定した。2015年10月に導入したばかりのカンパニー制をなくし、液晶以外の4カンパニーは社長直下の6事業部へと再編。事業ごとの収益管理を容易にし、トップに情報を集めやすくする狙いがある。

そのうえで重要ポジションにはキーマンが着任した。いずれも鴻海の董事長である郭台銘(テリー・ゴウ、65)と近く、戴を通じ、郭の使命を忠実に果たす役割を負う。

要職はみな、郭台銘のお気に入り?

代表取締役で戴を支える2人が、生え抜きの副社長である野村勝明(59)と、鴻海の日本法人社長もこなしたディスプレイデバイスカンパニー副社長の高山俊明(40)だ(トップ写真)。野村は郭の資産管理会社とシャープの合弁である堺ディスプレイプロダクト(SDP)を黒字化し郭に認められた。高山は40代ながら、郭の来日時に通訳を担う側近で、戴とは親戚でもある。

22人いた執行役員は業務上必要な1人を残し廃止する一方、カンパニーや各事業本部には鴻海色が色濃く反映された。野村とともにSDPを成功させた上席常務の桶谷大亥(56)や、2015年にシャープを一度退社しながら鴻海に請われ復帰した専務の中山藤一(62)は、ディスプレイやビジネスソリューションのトップに就任したが、いずれも郭の信任を得たとされる。

注目されるのが社長室だ。経理や広報などを新設の社長室に編入、室長に三菱東京UFJ銀行出身で常務の橋本仁宏(59)が就いた。橋本は買収前、シャープ取締役として買収交渉に当たり、最終的に鴻海側の提案を支持。今では戴の命を受けて本社費用削減に心血を注ぎ、知的財産部門の合弁化や本社スタッフの子会社転籍を進めている。

次ページ債務超過解消でも、赤字の液晶が重荷
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT