「赤い物」を開店祝いに贈るのは間違っている

相手に喜ばれる「お祝い」「差し入れ」の選び方

開業・開店祝いや公演などの差し入れで、どんなものを持って行けば相手に喜ばれるか? (写真:eibin / PIXTA)

社会人になると増えてくるのが、お祝いの品やご祝儀を贈る機会だろう。

最も多いのは結婚祝いだが、友人がベンチャー企業を立ち上げたり、懇意にしていた取引先が独立したりお店を開いたりする場合に、「開業・開店祝い」を送りたいと思う人もいるだろう。また友人や同僚、取引先などが演奏会に参加したり、演劇などの公演に出演したりすれば、「楽屋お見舞い」や差し入れを渡す機会も出てくるだろう。

しかし「開業・開店祝い」や「楽屋お見舞い」は機会が少ないだけに、何を持っていけば良いのか迷うところだ。そこで、恥をかかないために、ご祝儀や差し入れなどのマナーをまとめた。

開店・開業祝いの相場は1万円

まずは、開業・開店祝い。取引先が絡んでいる場合、会社がお祝いの花やご祝儀を用意するケースもあるが、個人的につながっている相手の場合には、自分で用意したいと思うこともあるだろう。

では、何を贈れば良いのか。「開業・開店祝いの時は、お品物やお花はもちろん、お金を包むのもOKです」と話すのは、『図解 社会人の基本マナー大全』をはじめ、マナーに関する多数の著書を持つ、現代礼法研究所主宰の岩下宣子さんだ。

通常の贈り物の場合、目上の人にお金を包むのは失礼になることがあるが、開業・開店祝いの場合は問題ない。開業時はかなり出費がかさむので、相手にとっても少しでも現金が入ってくるのはありがたい。「金額の相場は1万円。表書きは『祝御開店(もしくは御開業)』『御祝』『寿』など、どれでも構いません」

次ページふさわしい贈り物とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。