消費増税前の住宅駆け込み需要は期待できるか

積水ハウス VS.大和ハウス

昨年夏頃から、住宅市況が好調です。下の表を見てください。

これは、「新設住宅着工」の推移を表したグラフです。住宅を新築するとき、建築主は都道府県知事に工事の届け出をします。その件数を月ごとに集計したものが、「新設住宅着工」です。

この表を見ますと、特に2012年8月あたりから90万戸前後の高水準が続いていることがわかります。住宅エコポイント制度が同年7月で終了してしまったにもかかわらず、8月以降も新しく住宅を建てようとする人が増えているのです。

この理由は何でしょうか。2012年8月、野田前首相が掲げた消費税増税法が成立しました。現在5%の消費税率が2014年4月に8%、2015年10月に10%まで2段階にわたって引き上げられるのです。

そこで消費者は、「消費税が上がる前に住宅を買っておこう」と考えて、駆け込み需要が増えているというわけです。政府は増税前に契約した分に関しては、完成が増税前でも元の税率を適用する方針ですが、それでも家を建てる場合には、ほかにも家具や家電製品のような関連消費があるために、早めに建てておきたい心理が働くものと考えられます。

次ページ消費増税は景気に影響を与えないのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT