アベノミクス効果? 地価上昇の気配

都心部の需要増、高額物件に投資マネー

ここ数年、下落が続いていた地価がいよいよ反転上昇に向かうのか。アベノミクス効果が株価を押し上げる中、不動産市場でもその波及に期待が高まっている。

国土交通省が3月21日に発表した2013年の公示地価は、全国全用途平均で前年比1.8%減と、5年連続で前年を割り込んだ。ただ、10年の同4.6%減から、減少幅は年々縮小している。同省は「底入れの兆しが見えつつある」と、現状を分析する。

専門家の意見はさらに強気だ。不動産専門の情報サービス会社、東京カンテイの中山登志朗・上席主任研究員は「価格下落地点の多さに引きずられているだけで、事実上の底入れといって差し支えない」と語る。

実際、駅前など利便性の高い土地は08年のミニバブル崩壊以降の価格下落で値頃感が強まり、足元では需要も増加傾向にある。こうした状況が世間で認知されていけば、不動産購入を前向きに検討するムードが広がり、結果として、今回の地価公示が市況反転のターニングポイントになる、と中山氏は指摘する。

すでに3大都市圏の一部では、再開発などに伴って価格が大きく上昇した地点も出てきた。最前線は、神奈川県川崎市の武蔵小杉駅周辺だ。

同駅から700メートルの距離にある住宅地の価格は前年比9.1%アップ、駅前の商業地に至っては同10.5%も上昇した。駅前の工場跡地などで大規模なタワーマンションや商業施設の開発が相次いで進んでいることに加え、3月16日から東急東横線と東京メトロ副都心線との直通運転が始まり、東京都心へのアクセスも向上したことで、需要は一段と拡大している。

野村不動産が同駅前で開発中のタワーマンション(450戸)には、3月中旬までに5100件超の問い合わせがあった。生活や交通の利便性を評価して、埼玉や千葉からの移住を検討する客も少なくない。駅周辺では今後も2000戸超の新規供給が予定されているが、「供給ペースを上回る需要が見込める」(野村不動産の田中慶介・課長代理)という。

次ページ高額物件に投資マネー
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT