日本一“ハンサム”な、最年少イクメン知事

新世代リーダー 鈴木英敬 三重県知事

「夢は総理大臣」と書いた小学校時代

まず、駆け足で知事当選までを振り返ろう。中学・高校は名門灘中学・高校の一貫教育。ソフトボール部で4番キャッチャーをこなし、一方で素人でも入れる市民オーケストラでチェロも弾いていた。高校では生徒会長も務め、東大経済学部を出て、通産省(当時)へ。恵まれた人生を送ってきたエリートのように見えるが、そうではない。鈴木は兵庫出身の一人っ子。父は小さな損害保険代理店を営む。母も働く共働き家庭。父の育った場所は神戸市長田区。阪神・淡路大震災では、甚大な被害を被った場所だ。

とにかく、寂しがり屋だ。「かまってもらいたいと思って、よく泣いた」。そこで人の注意を引き付けるために、大きな声になった。すでに経済産業省時代は「関西芸人ばりのトークを駆使する、年中無休の24時間営業男」だったが、この絶妙トークも人を引き付けようと、小学校時代に覚えたものだ。

政治家を意識しだしたのは小学校6年生のとき。「テレビで中曽根康弘首相(当時、1982~87年)がアメリカのロナルド・レーガン大統領と親しく話す様子を何度も見た」。日本経済が世界から「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われ、戦後、最も日本が輝いていた時期だ。迷わず、将来の夢に「総理大臣」と書いた。

行政改革と、おせちと、カレーの関係とは?

大学卒業前には、大企業も含め複数の内定をもらっていたが、結局、通産省に入省した。理由は「面接で面白い担当官と会ったから」ということと、入省前に内々定をもらったときに集まった後の同期生が、均質的でなく、多様なキャラクターを持つ人々だったことで、通産省に改革の本気度を感じたからだ。

面接で聞かれた質問のひとつに「行政改革とボンカレーの関係を述べよ」というものがあった。当時はやっていたハウス食品のTVCM「おせちもいいけど、カレーもね」にひっかけた質問(面接官も間違えていたのだ。正しくは大塚食品のボンカレーではなく、ハウスのククレカレー!)だった。

答えられずに「どういう関係があるのか」と素直に聞くと、「需要者は正月にだってカレーは食べたい。行政改革も同じだ。こういう政策しかできません、今はできません、というのは供給者である行政の論理。国民が望む方向に変えていくのが行政改革だ」と言われ、改革の息吹を感じとったのだ。

次ページ人生を変えた落選
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT