死んだ時、SNSやPCのデータはどうなるのか

Facebookは追悼アカウントに切り替え可能

今から備えることが大事です

死んでしまった時、SNSやPCのデータはどうなる?

もしも……アナタが……死んだなら……突然ギョッとするような話でごめんなさい。でもこれは、誰にでも必ず訪れる運命、備えておくべき重要なテーマです。

実は今年の初めに、私の知人が突然、もう本当に突然、亡くなってしまったんですね。あまりに急で、葬儀の翌週にも、フリーでやられていた仕事がたくさん入っていました。

そして仕事の詳細や連絡先、スケジュールなんかを、ご自身が「iPhone」だけで、たったひとりで管理されていたものですから、だれもその仕事のことや連絡先がわからない、どうしよう……と困っていたその時! ご遺族の方が、ダメもとで亡くなったご本人の手を取り、その指をiPhoneに押し当てたんです。すると、なんと指紋認証でロックが解除され、関係者に必要な連絡をすることができたのでした……。

そもそも、このシステムって、本来は生きている指にしか反応しないハズなんですが、なにしろまだ新しい技術なので、今回のような事例が起きたのかもしれません。仕事上の連絡先やスケジュールについて、イザという時にどうすればいいのか、大事な情報はココに入っているよ、なんていう会話を、家族としておくのも大事ですね。

では、もし自分が死んでしまった時、SNSやパソコンのデータはどうすればいいでしょうか?

次ページフェイスブックの場合は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。