13期増収!「広島市信用組合」のスゴい経営

カープお膝元の信組は何が特別なのか?

「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」のスコアボードには「シシンヨー」の広告が出ている(筆者撮影)

広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に沸く広島市。その広島市に金融機関のお手本のような信用組合・広島市信用組合(通称シシンヨー)がある。

カープの本拠地「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」オープン翌年の2010年シーズンから、同球場のスコアボードに広告を出している。オープン当初はコカ・コーラが広告を出していたスペースで、地元の有力地銀・広島銀行のスペースのざっと3倍以上だ。翌2011年シーズンからは、4~5月の時期にゲームスポンサーにもなっている。

業務純益は信金と比較してもベストテンに入る水準

シシンヨーの2016年3月期経常収益は154億9500万円。目下13期連続増収が続いている。78億円の業務純益は信用組合としてはベスト3級、信用金庫と比較してもベストテンに入る水準で、地銀なら中堅クラスとほぼ同等だ。

一方預金量は2016年3月末時点で5484億円と、信用組合の中ではベスト5の常連だが、信用金庫と比較すると中の上、もしくは上の下程度の水準でしかない。

信金中堅なみの預金量で、地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は、どこにあるのだろうか。

次ページ地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT