13期増収!「広島市信用組合」のスゴい経営

カープお膝元の信組は何が特別なのか?

「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」のスコアボードには「シシンヨー」の広告が出ている(筆者撮影)

広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に沸く広島市。その広島市に金融機関のお手本のような信用組合・広島市信用組合(通称シシンヨー)がある。

カープの本拠地「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」オープン翌年の2010年シーズンから、同球場のスコアボードに広告を出している。オープン当初はコカ・コーラが広告を出していたスペースで、地元の有力地銀・広島銀行のスペースのざっと3倍以上だ。翌2011年シーズンからは、4~5月の時期にゲームスポンサーにもなっている。

業務純益は信金と比較してもベストテンに入る水準

シシンヨーの2016年3月期経常収益は154億9500万円。目下13期連続増収が続いている。78億円の業務純益は信用組合としてはベスト3級、信用金庫と比較してもベストテンに入る水準で、地銀なら中堅クラスとほぼ同等だ。

一方預金量は2016年3月末時点で5484億円と、信用組合の中ではベスト5の常連だが、信用金庫と比較すると中の上、もしくは上の下程度の水準でしかない。

信金中堅なみの預金量で、地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は、どこにあるのだろうか。

次ページ地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT