13期増収!「広島市信用組合」のスゴい経営

カープお膝元の信組は何が特別なのか?

「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」のスコアボードには「シシンヨー」の広告が出ている(筆者撮影)

広島東洋カープの25年ぶりのリーグ優勝に沸く広島市。その広島市に金融機関のお手本のような信用組合・広島市信用組合(通称シシンヨー)がある。

カープの本拠地「Mazda Zoom-Zoomスタジアム」オープン翌年の2010年シーズンから、同球場のスコアボードに広告を出している。オープン当初はコカ・コーラが広告を出していたスペースで、地元の有力地銀・広島銀行のスペースのざっと3倍以上だ。翌2011年シーズンからは、4~5月の時期にゲームスポンサーにもなっている。

業務純益は信金と比較してもベストテンに入る水準

シシンヨーの2016年3月期経常収益は154億9500万円。目下13期連続増収が続いている。78億円の業務純益は信用組合としてはベスト3級、信用金庫と比較してもベストテンに入る水準で、地銀なら中堅クラスとほぼ同等だ。

一方預金量は2016年3月末時点で5484億円と、信用組合の中ではベスト5の常連だが、信用金庫と比較すると中の上、もしくは上の下程度の水準でしかない。

信金中堅なみの預金量で、地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は、どこにあるのだろうか。

次ページ地銀中堅なみの利益を稼ぎ出している要因は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT