ヤクルト山田哲人は2軍でどう鍛えられたか

真中監督が明かす、スター選手の下積み時代

1軍であれば、「試合に勝つ」というチームの目的のために、結果を出せる可能性がある他の選手を代わりに起用します。しかし彼がいるのは2軍。冒頭でも述べたとおり、ここは「勝つことが第一の目的」ではありません。よって、芳しい実績が出せていなかったものの、私はそのまま彼を使い続けました。

なぜなら試合に出続けること自体が体力強化になりますし、例えばシーズン後半の、疲れがたまってきた体でも結果を出し続けるということを覚えるには、疲れた状態で試合に出る以外に方法はないのです。選手達は、そうした状態でどういうプレーをしていくべきかを学んでいくわけですね。

疲れたからいったん休ませ、体調が万全になったらまた試合に使う、という起用法では、将来的にもっとプレッシャーのかかる1軍という舞台で年間140試合以上を戦うことは難しいでしょう。

そこで、もちろん故障していない前提ではありますが、特別声をかけたりせずに試合に使い続けました。そのような環境でも、伸びる選手は勝手に伸びていくのです。

山田に関して言えば、6月にバテ始めたあとも、結局1年間試合に出続け、最終的にはクライマックスシリーズで1軍の試合にも出場するに至りました。

その後はしばらく控え選手という立場で1軍にいましたが、正直なところ、この間も2軍でみっちり鍛えるという方法もあったとは思います。

その後、結果としていいタイミングで三木コーチと出会って「盗塁」を覚え、また杉村コーチとの様々なティーバッティングのトレーニングを通じて、バッティング技術を飛躍的に伸ばしました。この辺りの出会いは、彼の「引き」の強さによるものでしょうね。

打席で繰り返す試行錯誤は、2軍だからできた経験

「勝つことを最優先としない」環境が生んだ成長

彼がすごいスピードで成長した要因は、この引きの強さもあるものの、それ以上に実戦の中で様々なやり方を経験し、自分のものにしていったことだと私は考えています。

具体的には、球種の見極め方や、打球方向のコントロール法などですね。打席に立つたびに、こうしたことを経験して、感覚を掴み、血肉にしていく。もちろん彼が持つ感性によるところも大きいでしょうが、そういう試行錯誤を続けたからこそ、現在のレベルにまで成長することができたのだと思います。

このような経験は、「チームとしての勝利」が優先される1軍では難しかったでしょう。「勝つことを最優先としない」2軍という環境に身を置いていたから、ということが大きいと思います。

山田の例は、2軍というある種特殊な環境が、選手の成長を生んだという好例と言えるかもしれませんね。

取材協力:高森 勇旗

アルファポリスビジネスの関連記事
孫正義にビル・ゲイツ、「世界の顔」をスクープし続ける写真家の素顔
「すみません」だけで会話する日本人
売れ筋テーマは古書店で探す?時代を繰り返すトレンドとは

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング