「2代目社長」に批判が集まりがちな根本要因

タレントも経営者も陥る「甘え」とその脱却法

だからこの場合は、一定期間、一定額の赤字を仮設定して、その間だけ好きなようにやらせてみるといい。仮設定した赤字を超えそうだと判断したらストップする。そこで出た赤字は、子どもの教育費と思えばいいのである。

「つかず離れず」の関係になるために

しかし本当に子どもをしっかりした経営者に育てたいと思うのであれば、住まいも職場もまったく別にしたほうがいいだろう。地方に営業所があればそちらに回す。私自身、子どもを重要な地域拠点の責任者にして2週間に1度、本社に出社させ、会社全体の流れを学習させていた。こうすることで「つかず離れず」の関係になり、割り切ることができるようになる。

『社長、あなたは人に甘すぎる!』(あさ出版)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このやり方の大きなメリットは、甘えがなくなるという点もあるがそれ以上に、人の扱いを学習することにある。

同じ屋根の下で社長と子どもが働いている場合、社員のことで問題が発生すると、みんな当然社長に相談してくる。しかし社長がいない職場であれば、子どもは自分で社員の問題を処理するしかない。

中小企業でいちばん難しく思いどおりにいかないのは、それぞれ別の考え方、意見をもっている社員をどうまとめていくかということだ。これを迷い、ぶつかって苦労しながら学べるから、子どもは別の職場で働かせたほうがいいのである。

いずれにせよ、「子どもを後継者にする」問題は、小さな会社の社長がもっとも客観的になれないテーマだが、諸先輩が経験してきたことを参考に、「甘え」のないよう後継者を育てていく気概が必要だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング