小学生より勉強しない日本の大学生

1日に授業を含めたった3.5時間!

アメリカの大学生の足元にも及ばない日本の大学生

さて、日本の大学生が小学生よりも勉強していない実態を見ていただきましたが、アメリカの大学生と比較するとどうなのでしょうか?下の図をご覧ください。

これは、日本とアメリカの大学生の、1週間の「授業に関連する学習時間」を比較したものです。

まず日本の大学生ですが、いちばん多いのが「1~5時間」で57%、次に「6~10時間」で18%。驚いたことに、まったく勉強しない「0時間」の人も10%程度いますので、全体の85%が1週間に10時間以下の勉強時間ということになります。

対してアメリカの大学生ですが、日本とは異なり、まったく勉強しない人はほぼ皆無です。また、日本では大多数だった10時間以下しか勉強していない人も約4割ですので、全体から見ると少数派です。

逆に言うと、6割近くの学生が週に11時間以上、「授業に関連した」勉強をしていて、約2割の学生は21時間以上も勉強に費やしています。

日本の大学生がいかに勉強していないか、このアメリカの大学生との比較で、より強く認識してもらえたのではないかと思います。

次ページ真剣に授業を聞いている大学生は1割以下
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。