ワイン選びに自信がない人に教えたい超基本

この6品種を押さえておけば、何とかなる

ワインの世界には他にも個性豊かな品種がいっぱい!

6品種と比べながら、ソムリエと会話しよう!

レストランでなにを選んでいいのかわからなかったら、まずお店の人に「料理に合いそうなワインの候補」を挙げてもらいます。そのうえで、6品種の特徴と比較してみて、自分たちの好みに合いそうなものを選びましょう。注文はこれでほとんどオッケー!

無事に注文を終えるとソムリエがボトルを恭しく持ってきて、みんなにラベルを見せてくれます。これは簡単に言うと「お前らが頼んだやつに間違いないか?」という意味です。ラベルを見て軽くうなずけば、ソムリエは慣れた手つきで開栓することでしょう。

そしてグラスにちょろっとだけ注ぐと、そのテーブルの主っぽい客をロックオンして目で「飲め」という合図をします。合図を受けた人はどうすれば?

香りをちょっと嗅いで、一口だけ飲んで「はい、これでお願いします」。

次ページ決まりきった儀式のようなもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。