ワイン選びに自信がない人に教えたい超基本

この6品種を押さえておけば、何とかなる

ワインの世界には他にも個性豊かな品種がいっぱい!

6品種と比べながら、ソムリエと会話しよう!

レストランでなにを選んでいいのかわからなかったら、まずお店の人に「料理に合いそうなワインの候補」を挙げてもらいます。そのうえで、6品種の特徴と比較してみて、自分たちの好みに合いそうなものを選びましょう。注文はこれでほとんどオッケー!

無事に注文を終えるとソムリエがボトルを恭しく持ってきて、みんなにラベルを見せてくれます。これは簡単に言うと「お前らが頼んだやつに間違いないか?」という意味です。ラベルを見て軽くうなずけば、ソムリエは慣れた手つきで開栓することでしょう。

そしてグラスにちょろっとだけ注ぐと、そのテーブルの主っぽい客をロックオンして目で「飲め」という合図をします。合図を受けた人はどうすれば?

香りをちょっと嗅いで、一口だけ飲んで「はい、これでお願いします」。

次ページ決まりきった儀式のようなもの
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。