ワイン選びに自信がない人に教えたい超基本

この6品種を押さえておけば、何とかなる

反対に【カベルネ・ソーヴィニヨン】の濃厚さがもっと欲しくて、(これ系で別バージョン)と思ったら、次は【メルロー】にいきます。

白の場合は、【シャルドネ】が味のど真ん中です。【シャルドネ】よりもフルーティなのが欲しいと思ったら【リースリング】に、もっとすっきり寄りがいいと思ったら、【ソーヴィニヨン・ブラン】にいっちゃってください。

これで赤ワイン・白ワインの基本的な好みをつかんだことになります。こんな風に、赤の【カベルネ・ソーヴィニヨン】、白の【シャルドネ】を起点とした、6人のポジションさえ頭に入れておけば、そのときの気分や食べ物にあわせて、「だいたい」ワインを選ぶことができるようになります。

「単一ワイン」を狙って注文しよう!

6品種の特徴がわかれば、ワインはだいたいわかります。世の中に出ているワインの多くは、6品種のうちいずれかが登場しているし、もし知らないキャラが出てきたら、「(6品種のうち)どの味に近いか?」を店員さんに確認すれば、自分好みのワインに近づけるからです。

とはいっても、そう簡単にはいきません。そう簡単にいくなら、ソムリエなんて職業はこの世から不要になります。ワインの世界がそこそこ難しくて、私は本当に良かったと思っています。もちろん堂々とメニューに「シャルドネ!」「カベルネ・ソーヴィニヨン!」などと記されているワインもあるのですが、その一方で、品種が謎のワインというのもけっこう存在するのです。

品種が“ブレンド”されたワインの大半は、ラベルに品種の表記がないので、メニューに書かれてないことも多いのです。反対に品種がラベルにハッキリと書かれているものは、「単一(またはヴァラエタル)」と呼ばれるワインです。「あの品種の味をつかまえたい」と思ったら、その品種の名前が明記された単一ワインを選ぶといいでしょう。

単一ワインはアメリカ、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、日本などに多く、たいてい「安くても、わかりやすく美味しい」です。たとえばチリ産の【カベルネ・ソーヴィニヨン】、ニュージーランド産の【ソーヴィニヨン・ブラン】などは味がわかりやすく、ハズレが少ないです。単一ワインを選んでいれば、品種の違いがはっきり区別できるので、だんだんワインを選ぶことも、飲むことも、面白くなってくるはずですよ。

次ページ個性豊かな他の品種たちも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。