プレゼンは至高のエンターテインメントだ! 

デキる人が手を抜かない「教養」の重要性

一流のシナリオ、一流の役者がそろって、感動は作られる(撮影:『JMPA』日本雑誌協会代表取材)

コミュニケーション能力(コミュ力)は、ビジネス社会で必要な最強スキルだ。その中でも、これからのグローバル競争社会を生き抜くカギとなるのが、人前で話す力、すなわち「パブリックスピーキング力」だろう。

パブリックスピーキングと聞くと、プレゼンやスピーチなど大勢の人の前での場面を想像する人も多いが、相手が少人数の商談や打ち合わせでの話し方なども含め、ビジネス、プライベートのあらゆる機会に力を発揮する、現代人に必須の「教養」でもある。どのようにしたら、その力は身につくのか。今回は、カリスマ経営者、日産のカルロス・ゴーン社長のスピーチ執筆を手掛けてきたスピーチライターの秘訣を交えて、「スーパーエリートのコミュ術」をご紹介する。

AIとの競争で問い直されるリテラシー

この連載の一覧はこちら

スピーチイベントとして知られる「TED Conference」の主宰者クリス・アンダーソンは、最新刊『TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド』において一瞬にして動画を世界に共有できるテクノロジーの発達により、スピーチやプレゼンが強力な伝播力を持つ「パブリックスピーキング革命」が起きていると指摘する。

パブリックスピーキングとは、人工知能(AI)との競争で改めて問い直されるリテラシーという同氏の指摘が意味するところは、重要だ。すなわち、パブリックスピーキング力とはAIによって置き換わられることのない、最強最高の現代人の武器なのである。

こういった意識の強いアメリカでは、パブリックスピーキングに対する学習欲がすさまじく高く、教育や研修の機会も星の数ほどあるのだが、日本では、ビジネスの場での「プレゼン」スキルなどを学ぶ講座などはあっても、本格的なパブリックスピーキングを習得する機会は限られている。また、人の心をゆり動かし、説得する最もパワフルな「リーダーシップツール」なのに、政治家、企業経営者などの間でも、そこに情熱や手間をかけようという人はほとんどいない。

次ページ細部まで周到に準備されている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT