採用数に達しなくても人材レベルに妥協せず

リクルートが『就職白書2013』」を発表

また内定者に対する満足度は、「非常に満足」「どちらかというと満足」の合計が69.2%を占め、「どちらかというと不満」「非常に不満」の合計は11.5%であり、前年とほぼ同様の傾向だった。

14年新卒の採用時期とスケジュールについては、13年新卒とほぼ同じと回答した企業が最も多かった。採用の時期の前倒しを懸念する向きは多いが、調査からは前倒しの気配は見えない。

また、13年卒と比較した14年卒の採用基準は、「13年卒並み」が76.1%で最も多く、次いで「厳しくなる」が17.0%。「緩くなる」はわずか1.2%である。55.9%の企業が「採用予定数に満たなくても求める人材レベルは下げない」と回答した。

一部の業界では厳選が弱まる

厳選採用の傾向は全体的には強まる傾向がある。しかし小売業などは、景気回復とともにビジネスチャンスが拡大する。売上げ拡大には販売員の増加が必要であることから厳選採用を弱める可能性がある。

岡崎仁美・リクナビ編集長は「世間全般では就職氷河期と言われていたのに、1年先輩の13年卒の内定状況が好転していることから、14年新卒の危機感が小さい」という。

<調査概要>

【企業調査】2013年卒(大学生・大学院生)の採用活動振り返り調査
 ・調査対象:全国の新卒採用を実施している従業員規模5人以上の
  企業4,340社
 ・調査期間:2012年12月3日~2013年1月21日
 ・回収社数:1,082社(回収率24.9%)

【学生調査】2013年卒(大学生・大学院生)の就職活動振り返り調査
 ・調査協力:株式会社クロス・マーケティング
 ・調査対象:クロス・マーケティング社のモニターにスクリーニング
   調査を行い、民間企業を対象に就職活動を行った全国の大学4年生・大学    院2年生の男女2,433名を対象にした
 ・調査期間:2013年1月8日~2013年1月15日
 ・集計対象:1,645人(回収率67.6%)

(撮影:風間仁一郎)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT