ソフトバンクのスプリント買収は吉と出るか

携帯キャリア大手3社を比較してみよう

しかし、ひとつ大きな問題を抱えています。ソフトバンクが、米携帯会社3位のス

プリントを買収するために、約201億ドル(約1兆8600億円)という巨額の資金を投じようとしていることです。私は、この買収はリスクが高いのではないかと懸念しています。

今年半ばに本取引が完了するとの見込みであることから、今回発表された決算には、資金調達費用だけしか含まれていません。実際は、おカネも調達していないということです。ですから、買収契約が完了した後のバランスシートと損益計算書にどのように影響してくるかを、注意して見なければなりません。ソフトバンクのバランスシートの片側(資産合計=負債+純資産)は、5兆5115億円ですから、買収する

ために必要な1兆8600億円は自己資金、負債の増加と増資のいずれかの方法、あるいはその組み合わせで賄うことになります。もし、多額の有利子負債を増加させるという可能性もあり、その際には、自己資本比率が低下することとなります。

しかし、万一、すべてを負債で賄ったとしても、自己資本比率は20%を超えていますから、会社の安全性という面では、それほど心配はないかもしれません。しかし、買収を発表した2012年10月から、いくつかの点で状況が変わってきていることも気になるのです。

次ページKDDIはそれなりに安定しているようだ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。