ソフトバンクのスプリント買収は吉と出るか

携帯キャリア大手3社を比較してみよう

2012年4月1日から12月31日までの3四半期間の「売上高」は2億5097億円。前年同期間より1000億円ほど伸ばしました。「営業利益」は6001億円と、膨大な額となっています。これも前年同期間より約600億円増えています。

次に、バランスシートを見てみましょう(次ページ)。会社の中長期的な安全性の目安となる「自己資本比率(=純資産÷資産)」を計算しますと、30.3%となります。これは安全性には全く問題ない数字です。

しかし、以前のソフトバンクの自己資本比率は、非常に低いものでした。iPhoneが発売される前の年である2007年3月期の財務諸表から自己資本比率を計算しますと、18.6%しかなかったのです。

その後、2008年7月にiPhone 3G、それから2010年5月にiPadが発売され、ソフトバンクは売り上げを大きく伸ばし、純資産も年々充実させてきました。「純資産の部 利益剰余金」を見ますと、2012年3月末は5305億円でしたが、その9カ月後の12月末には6996億円まで増えています。そういった点から、ソフトバンクは安全度が非常に高まっていると言えるのです。

次ページとはいえ、油断はできないようだ…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。