ソフトバンクのスプリント買収は吉と出るか

携帯キャリア大手3社を比較してみよう

これは、会社の買収や、営業権などを買う際に計上されるものです。合計しますと、約7174億円の支出があるということになります。

同様に、ソフトバンクのほうも見てみますと、「有形及び無形固定資産の取得による支出」は、4550億円計上されています。ただ、ここで注目したいのは、このところソフトバンクは業績を順調に伸ばしていましたから、その分、設備投資を大幅に増やしたということです。前年は2085億円でしたが、今年は倍以上に膨らんでいます。孫正義社長は、東日本大震災後、「1兆円かけて基地局を増設し、インフラを強化する」と発言しましたが、設備投資を増やしているのです。

KDDIも、「有形固定資産の取得による支出」が3188億円、「無形固定資産の取得による支出」は759億円。合計で約4000億円の支出があります。

携帯電話の性能はどんどん向上していきますし、その分、データ通信量も格段に増えていきます。ですから、設備投資を行わなければ、「つながりにくい」という利用者の不満が噴出するのです。この業種は、設備投資という“カネ食い虫”に悩まされる業種だと言えますね。

今後も、特にキャリア3社の間での競争がますます激化していくと思われますが、スマートフォンへの切り替えや、データ通信量が増えていくことから、市場もある程度は拡大していくのではないかと思います。この中で、それぞれのキャリアがどうやって稼いでいくか。ここが焦点となるでしょう。そして、繰り返しになりますが、ソフトバンクについては、スプリント買収の影響がどのように出るかに注意が必要です。

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。