夏場の筋トレが「痛風」の引き金になるワケ

発症リスク高い「高尿酸血症」を放置しないで

「プリン体はビールに含まれるため、『プリン体ゼロ』といった商品もあります。しかし、そもそもプリン体はうま味成分として、レバー、シイタケ、かつお節などさまざまな食品に含まれているのです。そのため、アルコールを飲まなくても偏った食事を続けて太り気味の人は、高尿酸血症になりやすいのです。遺伝的な要素を持っていると、やせていても高尿酸血症という人はいます。そういった方が、急にハードな運動をすると痛風発作を起こしやすいのです」

尿酸値は血液検査で簡単に調べられるものの、会社などの健診項目では、必須検査にはなっていない。つまり、健診を受けていても、自分が高尿酸血症か否かわかっていない人が多いのだ。国内の高尿酸値症の人は、約1000万人と推計され、20代~30代の若い人の間で増加傾向にある。

「高尿酸血症と知らずにそのまま放置すると、10年後には糖尿病や高血圧症、さらには脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。つまり、若い頃に高尿酸血症の人は、内臓脂肪型肥満に伴うメタボリックシンドロームの予備軍であり、将来、メタボリックシンドロームにつながりやすいのです。高尿酸血症は、それを知らせるシグナルともいえるのです。ご自身が高尿酸血症とわかったならば、食生活への見直しのきっかけにしていただきたい」

お勧めは野菜、水分、そして有酸素運動

メタボのシグナルになる高尿酸血症の予防法を、藤森院長が伝授する。

(1)内臓脂肪をつけないように暴飲暴食は控える。

(2)太り気味の人は、ご飯やめん類などの炭水化物を半分以下に減らして体重を落とす。間食は厳禁。

(3)野菜をたっぷり食べるようにする。たとえば、ランチについているミニサラダの3倍の量を意識する。

(4)夏場は、熱中症予防も兼ねてこまめに水分補給をする。1日2リットル以上が目安。

(5)アルコールは利尿作用があるため、体内の水分を減少させやすく、尿酸値を高める作用があるので飲みすぎないようにする。

(6)適度な運動を心掛ける。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動がお勧め。

(7)ハードな筋トレは、有酸素運動とは異なる筋肉を使うことで尿酸値を高めやすいので避ける。

「太り気味の人は、食生活を見直し体重を落とすだけで高尿酸血症の改善が可能です。また、遺伝的にやせていても高尿酸血症の方は、薬によって尿酸値をコントロールすると、痛風のリスクを下げることができます」

高尿酸血症の薬には、尿酸の排泄力を高めるタイプと、体内での生成を抑制するタイプがある。適切な薬の使用で尿酸値をコントロールできるが、やはり、乱れた食生活の改善は欠かせない。「血液検査などでご自身の状態を把握し、1日の総摂取カロリーを決めて、ご飯などの炭水化物を食べ過ぎないようにしてみてください。また、毎日ご自身で決めた時間に体重計に乗るようにしましょう。体重推移の把握も大切です。10年後のご自身の健康を考えて取り組んでいただきたい」と藤森院長。

急場しのぎではなく、先を見据えた食生活の見直しを心掛けよう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。