中国女子競泳の陳欣怡、ドーピング検査陽性

新華社が報道

 8月12日、中国国の新華社が、リオデジャネイロ五輪のドーピング検査で中国女子競泳の陳欣怡選手(写真)が陽性反応を示したと伝えた。ロシアで行われた大会で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[北京 12日 ロイター] - 中国国営通信の新華社は12日、リオデジャネイロ五輪のドーピング検査で中国女子競泳の陳欣怡選手(18)が陽性反応を示したと伝えた。中国水泳協会(CSA)の情報を引用する形で報じた。

陳選手は7日に行われた検査で、利尿薬「ヒドロクロロチアジド」の陽性反応が出た。陳選手は、国際オリンピック委員会(IOC)にヒアリングの申請を行った。CSAは、陳選手に調査に協力するよう指示したという。

「ヒドロクロロチアジド」は、ドーピング検査で他の薬物の存在を隠す「マスキング剤」として使用できるため、禁止成分になっている。

陳選手は7日行われた女子100メートルバタフライ決勝で、4位に入っている。12日には女子50メートル自由形に出場予定だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT