200m平泳ぎで金藤理恵が金メダルに輝く

岩崎恭子以来、6大会ぶり

 8月11日、リオデジャネイロ五輪は11日、競泳の女子200メートル平泳ぎ決勝を行い、金藤理絵(中央)が2分20秒30のタイムで金メダルを獲得した(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、競泳の女子200メートル平泳ぎ決勝を行い、金藤理絵が2分20秒30のタイムで金メダルを獲得した。同種目では1936年ベルリン大会の前畑秀子、92年バルセロナ大会の岩崎恭子に続く、日本人3人目の金。

男子200メートル個人メドレー決勝は、萩野公介が1分56秒61で銀メダルを獲得し、400メートル個人メドレーの金、800メートルリレーの銅に続き、3つ目のメダル獲得となった。藤森太将は汪順(中国)にわずかに届かず4位。マイケル・フェルプス(米国)が史上初の4連覇を達成し、通算金メダル獲得数を22に伸ばした。

男子200メートル背泳ぎ決勝では、ロンドン五輪銀メダルの入江陵介が最下位の8位に終わった。

男子50メートル自由形の塩浦慎理は準決勝敗退。女子200メートル背泳ぎの酒井夏海、男子100メートルバタフライの藤井拓郎は予選落ちした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。