200m平泳ぎで金藤理恵が金メダルに輝く

岩崎恭子以来、6大会ぶり

 8月11日、リオデジャネイロ五輪は11日、競泳の女子200メートル平泳ぎ決勝を行い、金藤理絵(中央)が2分20秒30のタイムで金メダルを獲得した(2016年 ロイター/David Gray)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、競泳の女子200メートル平泳ぎ決勝を行い、金藤理絵が2分20秒30のタイムで金メダルを獲得した。同種目では1936年ベルリン大会の前畑秀子、92年バルセロナ大会の岩崎恭子に続く、日本人3人目の金。

男子200メートル個人メドレー決勝は、萩野公介が1分56秒61で銀メダルを獲得し、400メートル個人メドレーの金、800メートルリレーの銅に続き、3つ目のメダル獲得となった。藤森太将は汪順(中国)にわずかに届かず4位。マイケル・フェルプス(米国)が史上初の4連覇を達成し、通算金メダル獲得数を22に伸ばした。

男子200メートル背泳ぎ決勝では、ロンドン五輪銀メダルの入江陵介が最下位の8位に終わった。

男子50メートル自由形の塩浦慎理は準決勝敗退。女子200メートル背泳ぎの酒井夏海、男子100メートルバタフライの藤井拓郎は予選落ちした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT