卓球シングルス、水谷隼が日本初のメダル

サムソノフ(ベラルーシ)を4─1で破る

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、卓球の男子シングルスで水谷隼が銅メダルに輝き、卓球の個人種目では男女通じて日本人初のメダル獲得(2016年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、卓球の男子シングルスを行い、水谷隼が銅メダルに輝き、シングルスでは男女通じて日本人初のメダル獲得となった。

水谷は準決勝では第1シードの馬龍(中国)に2─4で敗れたが、3位決定戦ではウラジーミル・サムソノフ(ベラルーシ)を4─1で破った。

水谷は第3ゲームを落とし、第4ゲームも苦しい展開となったが14─12で勝利。第5ゲームは11─8で制した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。