卓球シングルス、水谷隼が日本初のメダル

サムソノフ(ベラルーシ)を4─1で破る

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、卓球の男子シングルスで水谷隼が銅メダルに輝き、卓球の個人種目では男女通じて日本人初のメダル獲得(2016年 ロイター/Gonzalo Fuentes)

[11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、卓球の男子シングルスを行い、水谷隼が銅メダルに輝き、シングルスでは男女通じて日本人初のメダル獲得となった。

水谷は準決勝では第1シードの馬龍(中国)に2─4で敗れたが、3位決定戦ではウラジーミル・サムソノフ(ベラルーシ)を4─1で破った。

水谷は第3ゲームを落とし、第4ゲームも苦しい展開となったが14─12で勝利。第5ゲームは11─8で制した。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。