卓球シングルス、水谷と福原がベスト4進出

メダル獲得まであと1勝

 8月9日、リオデジャネイロ五輪、卓球の男子シングルス準々決勝、水谷隼(写真)がマルコス・フレイタスを4─2で制し、初のベスト4進出を果たした(2016年 ロイター/Alkis Konstantinidis)

[9日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は9日、男子シングルス準々決勝を行い、水谷隼がマルコス・フレイタス(ポルトガル)を4─2で制し、初のベスト4進出を果たした。

丹羽孝希は張継科(中国)に1─4に敗れた。

女子シングルス準々決勝では、福原愛がフェン・ティアンウェイ(シンガポール)に4─0のストレート勝ちを収め、こちらも自身初のベスト4へ。メダル獲得まであと1勝とした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT