五輪体操女子、日本は7位で決勝へ

米国が首位、2位中国に約10点差

 8月7日、リオデジャネイロ五輪の体操女子、団体、個人総合、種目別を兼ねた予選で、日本(写真)は172.564点の7位で決勝進出を果たした。米国が185.238点をマークし、2位中国に約10点差をつける圧倒的な成績で首位通過(2016年 ロイター/MikeBlake)

[リオデジャネイロ 7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、体操女子の団体、個人総合、種目別を兼ねた予選を行い、日本は172.564点の7位で決勝進出を果たした。

日本は村上茉愛が合計57.265点を記録し、個人総合9位、ゆかでも8位で決勝進出。寺本明日香は12位で個人総合決勝に進んだ。

シモーン・バイルス、ガブリエル・ダグラスらを擁する米国が185.238点をマークし、2位中国に約10点差をつける圧倒的な成績で首位通過を果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT