サッカー日本代表、コロンビアとドローに

1次リーグ突破に望み

 8月7日、リオデジャネイロ五輪サッカー男子の1次リーグ、B組の日本はコロンビアと2─2で引き分け、突破の可能性を残した。写真は同点ゴールを決めた中島翔哉(2016年 ロイター/Bruno Kelly)

[リオデジャネイロ 7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、サッカー男子の1次リーグを行い、B組の日本はコロンビアと2─2で引き分け、突破の可能性を残した。

日本は後半14分に先制されると、その6分後には藤春広輝が痛恨のオウンゴールを献上して0─2に。しかし、同22分に浅野拓磨が1点を返すと、その7分後には中島翔哉が強烈なミドルシュートを叩き込んで同点に持ち込んだ。

同組のナイジェリアはスウェーデンに1─0で勝利を収めた。この結果、ナイジェリアは勝ち点6で首位通過が確定。コロンビアが同2で2位、日本とスウェーデンは同1で並んでいる。

日本は最終戦でスウェーデンに勝ち、コロンビアがナイジェリアに引き分け以下の結果に終われば2位通過できる。

連覇を狙うC組のメキシコはフィジーに5─1で大勝。同組のドイツは韓国と3─3で引き分けた。

D組では、アルゼンチンがアルジェリアに2─1で勝利し、ポルトガルもホンジュラスを2─1で下した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT