体操男子団体、日本がアテネ大会以来の金

ロシアが2位、中国が3位

 8月8日、リオデジャネイロ五輪、体操男子団体の決勝、日本が2004年アテネ大会以来の金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[8日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は8日、体操男子団体の決勝を行い、日本(内村航平、加藤凌平、山室光史、田中佑典、白井健三)が合計274.094点で2004年アテネ大会以来の金メダルを獲得した。

予選4位通過の日本は、4種目目までトップのロシアを追う展開。しかし5種目目の鉄棒で逆転し、6種目目の床運動で差をつけた。ロシアが合計271.453点で2位、中国が3位だった。

日本は2012年ロンドン大会では銀メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。