体操男子団体、日本がアテネ大会以来の金

ロシアが2位、中国が3位

 8月8日、リオデジャネイロ五輪、体操男子団体の決勝、日本が2004年アテネ大会以来の金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Dylan Martinez)

[8日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は8日、体操男子団体の決勝を行い、日本(内村航平、加藤凌平、山室光史、田中佑典、白井健三)が合計274.094点で2004年アテネ大会以来の金メダルを獲得した。

予選4位通過の日本は、4種目目までトップのロシアを追う展開。しかし5種目目の鉄棒で逆転し、6種目目の床運動で差をつけた。ロシアが合計271.453点で2位、中国が3位だった。

日本は2012年ロンドン大会では銀メダルだった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT