リオ五輪の中国国旗に間違い、差し替え検討

「図柄が正しくない」と中国が指摘

 8月7日、リオデジャネイロ五輪委員会は、メダル授与式で使用する中国の国旗について、差し替えを検討している。図柄が正しくないとの中国からの指摘を受けたもの。写真は5日の開会式のようす(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[リオデジャネイロ 7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪委員会は、メダル授与式で使用する中国の国旗について、差し替えを検討している。図柄が正しくないとの中国からの指摘を受けたもの。

中国メディアは、水泳と射撃の表彰式で掲揚された国旗の星の位置が間違っており、苦情が出ていると報じた。表彰式をみていた中国のネットユーザーが最初に星の位置の間違いに気づき、指摘したという。

五輪委員会の広報担当者は7日、ロイターに「リオ五輪委員会が使用している国旗はすべて、国内オリンピック委員会(NOC)の承認を得ている。現在中国代表との間で、問題解決に向け作業を進めている」と述べた。 中国オリンピック委員会からのコメントは現時点で得られていない。

7日時点で、中国はリオ五輪最初の金メダルとなる女子射撃を皮切りに、合計6個のメダルを獲得している。表彰式は、大会を通じて306回行われる。

関連記事
トピックボードAD
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。