リオ五輪の中国国旗に間違い、差し替え検討

「図柄が正しくない」と中国が指摘

 8月7日、リオデジャネイロ五輪委員会は、メダル授与式で使用する中国の国旗について、差し替えを検討している。図柄が正しくないとの中国からの指摘を受けたもの。写真は5日の開会式のようす(2016年 ロイター/Stefan Wermuth)

[リオデジャネイロ 7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪委員会は、メダル授与式で使用する中国の国旗について、差し替えを検討している。図柄が正しくないとの中国からの指摘を受けたもの。

中国メディアは、水泳と射撃の表彰式で掲揚された国旗の星の位置が間違っており、苦情が出ていると報じた。表彰式をみていた中国のネットユーザーが最初に星の位置の間違いに気づき、指摘したという。

五輪委員会の広報担当者は7日、ロイターに「リオ五輪委員会が使用している国旗はすべて、国内オリンピック委員会(NOC)の承認を得ている。現在中国代表との間で、問題解決に向け作業を進めている」と述べた。 中国オリンピック委員会からのコメントは現時点で得られていない。

7日時点で、中国はリオ五輪最初の金メダルとなる女子射撃を皮切りに、合計6個のメダルを獲得している。表彰式は、大会を通じて306回行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT