女子200mバタフライ、星が2大会連続の銅

ベルモンテガルシア(スペイン)が優勝

 8月10日、リオデジャネイロ五輪、競泳の女子200メートルバタフライ決勝、星奈津美が2分5秒20で3位となり2大会連続の銅メダルを獲得した(2016年 ロイター/David Gray)

[10日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は10日、競泳の女子200メートルバタフライ決勝を行い、星奈津美が2分5秒20で3位となり、2012年ロンドン五輪に続く2大会連続の銅メダルを獲得した。ミレイア・ベルモンテガルシア(スペイン)が2分4秒85で優勝した。

星はレース後、「決勝レースを泳ぐからには金メダルを意識した。最後は腕もかけない、足も動かなくなるぐらいまで出し切れた」と語った。

男子200メートル平泳ぎ決勝では、小関也朱篤が2分7秒80で5位、渡辺一平が2分7秒87で6位だった。ドミトリー・バランディン(カザフスタン)が2分7秒46で金メダル。

女子800メートルリレー決勝では、日本は五十嵐千尋、持田早智、青木智美、池江璃花子で臨み、7分56秒76で8位だった。米国が7分43秒03で優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT