体操男子個人総合で内村航平が2連覇の快挙

最後の鉄棒でベルニャエフを逆転

 8月10日、リオデジャネイロ五輪、体操の男子個人総合決勝、内村航平が92.365点で優勝(2016年 ロイター/Mike Blake)

[リオデジャネイロ 10日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は10日、体操の男子個人総合決勝を行い、内村航平が92.365点で優勝した。

内村は最後の鉄棒で全体トップの15.800点を出し、0.901点差で首位だったオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転。1968年メキシコ大会、72年ミュンヘン大会を制した加藤沢男以来、44年ぶりとなる五輪2連覇を達成した。

内村は今大会、団体総合でも金メダルを獲得している。

ベルニャエフが92.266点で2位。マックス・ウィットロック(英国)が3位。加藤凌平は11位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT