体操男子個人総合で内村航平が2連覇の快挙

最後の鉄棒でベルニャエフを逆転

 8月10日、リオデジャネイロ五輪、体操の男子個人総合決勝、内村航平が92.365点で優勝(2016年 ロイター/Mike Blake)

[リオデジャネイロ 10日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は10日、体操の男子個人総合決勝を行い、内村航平が92.365点で優勝した。

内村は最後の鉄棒で全体トップの15.800点を出し、0.901点差で首位だったオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転。1968年メキシコ大会、72年ミュンヘン大会を制した加藤沢男以来、44年ぶりとなる五輪2連覇を達成した。

内村は今大会、団体総合でも金メダルを獲得している。

ベルニャエフが92.266点で2位。マックス・ウィットロック(英国)が3位。加藤凌平は11位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。