体操男子個人総合で内村航平が2連覇の快挙

最後の鉄棒でベルニャエフを逆転

 8月10日、リオデジャネイロ五輪、体操の男子個人総合決勝、内村航平が92.365点で優勝(2016年 ロイター/Mike Blake)

[リオデジャネイロ 10日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は10日、体操の男子個人総合決勝を行い、内村航平が92.365点で優勝した。

内村は最後の鉄棒で全体トップの15.800点を出し、0.901点差で首位だったオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)を逆転。1968年メキシコ大会、72年ミュンヘン大会を制した加藤沢男以来、44年ぶりとなる五輪2連覇を達成した。

内村は今大会、団体総合でも金メダルを獲得している。

ベルニャエフが92.266点で2位。マックス・ウィットロック(英国)が3位。加藤凌平は11位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT