五輪柔道男子は永瀬が銅、女子の田代は5位

男子81キロ級、女子63キロ級

 8月9日、リオデジャネイロ五輪、柔道の男子81キロ級で、2015年世界選手権王者の永瀬貴規(写真右)が3位決定戦で世界ランク1位のアフタンディリ・チリキシビリに優勢勝ちし、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[9日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は9日、柔道の男子81キロ級で、2015年世界選手権王者の永瀬貴規が3位決定戦で世界ランク1位のアフタンディリ・チリキシビリ(ジョージア)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。ハサン・ハルムルザエフ(ロシア)が金メダル。

女子63キロ級では、田代未来が3位決定戦でヤーデン・ジェルビ(イスラエル)に優勢負けで5位。ティナ・トルステニャク(スロベニア)が金メダルを獲得した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。