リオ五輪、ロシア不在の陸上は米国が圧勝か

米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も

 8月11日、リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。写真は五輪会場で撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。ロシアは過去3回の陸上競技では、いずれも2位のメダル数を獲得していた。

米国はロンドン大会では28個のメダルを獲得。今大会は女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ、男子110メートル障害のセルゲイ・シュベンコフなど第1人者のロシア選手が出場停止のため、さらなる躍進が見込まれる。

ロシアは3月の世界室内選手権でも出場停止となり、米国は2位エチオピアに18差の23ものメダルを獲得していた。

一方、米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も聞かれる。男子110メートル障害のデボン・アレンは「アスリートとしては、いつでも最高の選手と競争したい」とし、世界選手権王者のシュベンコフと戦えなくて残念と話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT