リオ五輪、ロシア不在の陸上は米国が圧勝か

米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も

 8月11日、リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。写真は五輪会場で撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。ロシアは過去3回の陸上競技では、いずれも2位のメダル数を獲得していた。

米国はロンドン大会では28個のメダルを獲得。今大会は女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ、男子110メートル障害のセルゲイ・シュベンコフなど第1人者のロシア選手が出場停止のため、さらなる躍進が見込まれる。

ロシアは3月の世界室内選手権でも出場停止となり、米国は2位エチオピアに18差の23ものメダルを獲得していた。

一方、米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も聞かれる。男子110メートル障害のデボン・アレンは「アスリートとしては、いつでも最高の選手と競争したい」とし、世界選手権王者のシュベンコフと戦えなくて残念と話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT