リオ五輪、ロシア不在の陸上は米国が圧勝か

米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も

 8月11日、リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。写真は五輪会場で撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[リオデジャネイロ 11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の陸上競技では、ロシア選手が不在のなか、米国が圧倒するものと予想される。ロシアは過去3回の陸上競技では、いずれも2位のメダル数を獲得していた。

米国はロンドン大会では28個のメダルを獲得。今大会は女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワ、男子110メートル障害のセルゲイ・シュベンコフなど第1人者のロシア選手が出場停止のため、さらなる躍進が見込まれる。

ロシアは3月の世界室内選手権でも出場停止となり、米国は2位エチオピアに18差の23ものメダルを獲得していた。

一方、米国選手からはライバルの不在を悔やむ声も聞かれる。男子110メートル障害のデボン・アレンは「アスリートとしては、いつでも最高の選手と競争したい」とし、世界選手権王者のシュベンコフと戦えなくて残念と話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT