五輪柔道、羽賀は銅で梅木が初戦敗退

男子100キロ級と女子78キロ級

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、柔道の男子100キロ級、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコに三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、柔道の男子100キロ級を行い、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコ(ウクライナ)に三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得した。

羽賀は「目標は金メダルだけだったので、そのモチベーションがなくなった時にすごく苦しかったですけど、終わってみるとメダルがあるかないかは大きいので、その点では銅メダルでも取れてよかったと思います」と語った。

男子はこれまで行われた6階級ですべてメダルを獲得している。

女子78キロ級では、15年世界選手権優勝の梅木真美が初戦の2回戦でアビゲル・ヨー(ハンガリー)に優勢負けを喫した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。