五輪柔道、羽賀は銅で梅木が初戦敗退

男子100キロ級と女子78キロ級

 8月11日、リオデジャネイロ五輪、柔道の男子100キロ級、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコに三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Stoyan Nenov)

[11日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は11日、柔道の男子100キロ級を行い、2015年世界選手権王者の羽賀龍之介は3位決定戦でアルチョム・ブロシェンコ(ウクライナ)に三角絞めで一本勝ちし、銅メダルを獲得した。

羽賀は「目標は金メダルだけだったので、そのモチベーションがなくなった時にすごく苦しかったですけど、終わってみるとメダルがあるかないかは大きいので、その点では銅メダルでも取れてよかったと思います」と語った。

男子はこれまで行われた6階級ですべてメダルを獲得している。

女子78キロ級では、15年世界選手権優勝の梅木真美が初戦の2回戦でアビゲル・ヨー(ハンガリー)に優勢負けを喫した。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。