早くも陰り…九州「産業革命遺産」の課題山積

世界遺産登録の恩恵が、熊本地震で急変

世界に誇る「地域の宝」の価値をどう発信し、次世代に守り伝えるか(写真:road / PIXTA)

産業の近代化の歴史を紡ぐ「明治日本の産業革命遺産」が昨年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されて1年がたった。

九州の16施設には登録決定後、観光客が一気に押し寄せたが、ブームが落ち着いて熊本地震も重なった今、当初の勢いはない。世界に誇る「地域の宝」の価値をどう発信し、次世代に守り伝えるか。模索が続く。

「大牟田に観光客がたくさん来て、昔みたいに発展したらうれしい」。三池炭鉱関連施設の一つ、宮原坑(福岡県大牟田市)で7月に開かれた登録1周年を祝うイベント。ボランティアガイドとして観光客を案内している地元の駛馬(はやめ)北小6年の子どもたちが声を弾ませた。

熊本地震で状況は急変

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

関係自治体でつくる「世界遺産協議会」事務局の鹿児島県によると、宮原坑の2015年4〜12月の来訪者数は5万6800人で、前年同期比で32・4倍に増えた。近接する万田坑(熊本県荒尾市)も3・6倍の9万4100人、幕末佐賀藩の三重津海軍所跡(佐賀市)は4・8倍の14万6400人を集めた。

同じ期間、もともと「廃虚ブーム」で知られた端島炭坑(長崎市、通称軍艦島)の来訪者数も19万4800人に上った。ただ、前年同期比では1・5倍。事務局は「登録の恩恵は以前からの観光地より新たに脚光を浴びた施設が絶大だ」と分析する。

ところが、今年4月の熊本地震で状況は急変した。3月に3万1千人が訪れた端島炭坑は、5月には1万9千人になった。地震の直接的な被害がなくても客足に大きな影響が出ている実態を物語る。

次ページ「十分に価値を説明できていない」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT