トヨタ「86」は最新進化で何が変わったのか

この運転の楽しさは現行トヨタ車No.1だ

「足回りは、バネ定数は同じ。アブソーバーのチューニングが違う。でも、だいぶ近づいた。申し合わせはしていない。(86は)唐突にお尻が流れると言われていたところをリニアに流れるようにした。分かりやすい違いはステアリングの切り始めの感触。86の方がスーッと動く。BRZの方がしっかりしてい る。電動パワーステアリングの味付けが違います」

TOYOTA 86 Cockpit篇 30秒

レース参戦によって培われたもの

双子なのに全然似ていない、と言われた86とBRZだけれど、クルマが進化したことで、結果的にやっぱり似てますねぇ、に変わった。同じ競技で勝つために鍛えていたら、似てくるのは当然だろう。まして同じDNAを持つ者同士である。

今回の進化のキモは、ボディがしっかりしたので足を動きやすくしたところにある。これこそレース参戦によって培ったノウハウなのだ。

VSC(ビークルスタビリティコントロール)にサーキット走行向けの「トラック」モードが追加されたのは、クルマがしっかり仕上がったので、ドライバーを助ける必要がなくなった。それだけクルマのコントロール性が上がったからできたことなのだ。

新型86は、こと運転の楽しさにおいて、現行トヨタ車ナンバーワンである。そればかりか、外国車を含む現行生産車ベスト10に入ると筆者は思う。なにしろポルシェ・ケイマンより重心が低い。ドライビングポジションの低さだけでも価値がある。ホンモノの本格派なのだ。さらに、262万3320円から 325万800円という価格を念頭に置けば、なおさらである。

トヨタ86は2012年の発売以来、果敢にもニュルブルクリンク24時間耐久レースに挑戦してきた。さらに姉妹車のスバルRBZとも一緒にワンメイクレースを開催し、モータースポーツの底辺拡大にもつとめている。フェラーリやアストンマーティンなどのサラブレッドスポーツカーメーカーと同じことを、 より身近なところでやっているのが86なのである。

今回の86後期型を開発するにあたって、開発陣は2014年のニュル24時間でクラス優勝を遂げたクルマを「理想のFR」と位置づけ、それを目標に量産バージョンをつくりあげたのだという。以下は技術的な解説なので読み飛ばしていただいてかまいません。

まず、アイシン製6段マニュアルのファイナルを4.1から4.3に低め、リア周りを中心にボディを補強した。ダンパーとバネ、それにスタビライザーを見直し、ダンパーにはオプションでドイツのザックスの設定がある。

次ページ「若者のクルマ離れ」への危機意識
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT