トヨタ「86」は最新進化で何が変わったのか

この運転の楽しさは現行トヨタ車No.1だ

ステアリングの切り始めの感触

6段のマニュアルギアボックスはショートストロークで意外なほどカチリカチリとシフトできる。ペダル位置が適切だからシフトダウン時に中ぶかしを入れることも容易だ。これが決まると、クルマを操っている気分がいや増す。

最後にもう1回、新型の一番高いグレード、GT“Limited”に乗る。インフィールドのS字でリアが流れるのは、最初に乗った旧型の時とは違って速度が上がっているからだ。コースにちょっと慣れて踏めるようになってきたこともある。流れてもVSC(ビークルスタビリティコントロール)が効いてスピンモードにはならない。

フラット4は4000rpmを超えると、音量を増し、ドライバーを喜ばせる。雨のせいか、音が澄んでいて、蜂を思わせる軽快なサウンドを発する。このサウンドシャワーはエンジンの回転数によるものというより、全開快速時に吸気サウンドを増幅させるデバイスのなせるワザなのかもしれない。なんにせよ、気持ちがイイ。

フラット4はその性質上、リミットの7450rpmまでスムーズに回り、いつの間にかカットオフが働いたりする。乗り心地がいいのは、縁石に乗り上げてもガタピシしないことからも明らかだ。ああ、ドライ路面でドライブしたかった……。

筆者はピットにおられた開発担当者にお尋ねした。これ、スバルBRZとどう違うのですか?と。実は筆者は数日前に先に発表されたBRZに乗っていたのでぜひ聞きたかった。

トヨタの担当者は開口一番こういった。

「BRZはリアバンパー、変わってないんです。フロントのバンパーもヘッドランプも、ほかは同じ変更範囲です」

ああ、BRZのリアバンパーが旧型と一緒だったとは気づかなかった。さらにエンジニア氏はこう続けた。

次ページ動画で見る86
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT