トヨタ「86」は最新進化で何が変わったのか

この運転の楽しさは現行トヨタ車No.1だ

新型86のボディサイズは全長4240mm × 全幅1775mm × 全高1320mm

新旧86の違いがわかるか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

今年7月、2012年のデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた新型トヨタ 86。今回の進化のキモはどこにあるのか。富士スピードウェイ・ショートコースで試乗した。

富士スピードウェイのショートコースはせいぜい3速までのミニサーキットながら、地形を生かしてアップダウンしながら曲がるテクニカルサーキットである。クリッピングポイントが見えないコーナーが2カ所あるので、腕と度胸がいる。こちらは腕も度胸もない。路面はウェット。雨が降っている。そんなところを4ラップずつ、新旧の86でドライブする。それで違いがわかるのだろうか?

わかったのである。全然違った!後期型はものすごくよくなっていた。いっそう信頼できる練習機に仕立てられている。タイヤは新旧どれも215/45R17サイズの、ごくフツウのミシュランである。タイヤに頼らない、ということを開発方針のひとつにしているからだ。

最初に乗った旧型はリアが滑るのがわかった。リアが滑るので怖くて踏めない。おっかなびっくり運転しているせいもあるけれど、狙ったラインが微妙にズレる。

次に新型に乗り換えると、ボディの剛性感、しっかり感が明らかに違う。走りやすい。雨が弱くなって路面の状況が若干変わったのかもしれないけれど、旧型の時みたいにリアが滑らない。安定感がある。登りコーナーでも接地感がある。だから安心して踏める。

次ページ写真で見る86
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。