トヨタ「86」は最新進化で何が変わったのか

この運転の楽しさは現行トヨタ車No.1だ

新型86のボディサイズは全長4240mm × 全幅1775mm × 全高1320mm

新旧86の違いがわかるか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

今年7月、2012年のデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた新型トヨタ 86。今回の進化のキモはどこにあるのか。富士スピードウェイ・ショートコースで試乗した。

富士スピードウェイのショートコースはせいぜい3速までのミニサーキットながら、地形を生かしてアップダウンしながら曲がるテクニカルサーキットである。クリッピングポイントが見えないコーナーが2カ所あるので、腕と度胸がいる。こちらは腕も度胸もない。路面はウェット。雨が降っている。そんなところを4ラップずつ、新旧の86でドライブする。それで違いがわかるのだろうか?

わかったのである。全然違った!後期型はものすごくよくなっていた。いっそう信頼できる練習機に仕立てられている。タイヤは新旧どれも215/45R17サイズの、ごくフツウのミシュランである。タイヤに頼らない、ということを開発方針のひとつにしているからだ。

最初に乗った旧型はリアが滑るのがわかった。リアが滑るので怖くて踏めない。おっかなびっくり運転しているせいもあるけれど、狙ったラインが微妙にズレる。

次に新型に乗り換えると、ボディの剛性感、しっかり感が明らかに違う。走りやすい。雨が弱くなって路面の状況が若干変わったのかもしれないけれど、旧型の時みたいにリアが滑らない。安定感がある。登りコーナーでも接地感がある。だから安心して踏める。

次ページ写真で見る86
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。