トヨタ「86」は最新進化で何が変わったのか

この運転の楽しさは現行トヨタ車No.1だ

新型86のボディサイズは全長4240mm × 全幅1775mm × 全高1320mm

新旧86の違いがわかるか

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

今年7月、2012年のデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた新型トヨタ 86。今回の進化のキモはどこにあるのか。富士スピードウェイ・ショートコースで試乗した。

富士スピードウェイのショートコースはせいぜい3速までのミニサーキットながら、地形を生かしてアップダウンしながら曲がるテクニカルサーキットである。クリッピングポイントが見えないコーナーが2カ所あるので、腕と度胸がいる。こちらは腕も度胸もない。路面はウェット。雨が降っている。そんなところを4ラップずつ、新旧の86でドライブする。それで違いがわかるのだろうか?

わかったのである。全然違った!後期型はものすごくよくなっていた。いっそう信頼できる練習機に仕立てられている。タイヤは新旧どれも215/45R17サイズの、ごくフツウのミシュランである。タイヤに頼らない、ということを開発方針のひとつにしているからだ。

最初に乗った旧型はリアが滑るのがわかった。リアが滑るので怖くて踏めない。おっかなびっくり運転しているせいもあるけれど、狙ったラインが微妙にズレる。

次に新型に乗り換えると、ボディの剛性感、しっかり感が明らかに違う。走りやすい。雨が弱くなって路面の状況が若干変わったのかもしれないけれど、旧型の時みたいにリアが滑らない。安定感がある。登りコーナーでも接地感がある。だから安心して踏める。

次ページ写真で見る86
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT