NTTに挑む、関西の暴れん坊

光回線の雄、関電系のケイ・オプティコム藤野社長に聞く

――顧客の開拓とともに、どのようなサービスを広げていきますか?

さらにADSLからの乗り換えを進めていきたいと考えています。近畿圏の世帯数は約900万世帯。光回線の普及率は5割弱なので、まだまだ契約を伸ばせます。普及率が上昇していく中、目先は150万契約、その先は200万契約を目標にやっていきたい。

サービス面も強化します。光回線はすでにADSL並みの価格ですが、まだ光回線に乗り換えないケースも多い。さらに言えば、ADSLすら使っていない方もいる。こうした層には、値段を少々下げたところで商品をアピールできない。ネットを使って何をするのか、そして何ができるのか、使い方がわかっていないからです。こちらから便利な使い方を提案していかなければなりません。

「固定」と「モバイル」を完全融合

――具体的には?

昨年6月には、タブレット端末を活用して買い物やアプリ、デジタルコンテンツなどを楽しめるサービス「スマートリンク」を開始しました。家庭では音声認識機能でエアコンやテレビなどの家電を操作できるし、電力の使用状況も端末で確認できる「電力見える化」のサービスもそろえています。

現在は合計100種類以上のサービスを提供していますが、買い物やヘルスケア分野など、まだまだ広げていきたい。タブレットのサービスを始めたのは時代の流れ。スマホは携帯電話の領域で、タブレットはパソコンに近い。これをうまく活用すれば、顧客を光回線に引き付けることができると考えています。端末はアンドロイド搭載のタブレットを採用しています。主婦や高齢者など、「パソコンは難しい」と思っている方にも気軽に使っていただけるのではないでしょうか。

国内の通信業界で、「固定電話とモバイルの融合」という流れが進む中で、当社も何か新しいサービスを生み出したいと思っています。KDDIと連携した「auスマートバリュー」は料金のみで、本当に融合したサービスとは言えません。

「外出先ではスマホ、家では光回線」。これをもっとうまく組み合わることができたらと。具体的には、通信ネットワークを携帯会社などから借りてサービスを提供する「MVNO(仮想移動体通信事業者)」など、さまざまなサービスの可能性を考えています。

(撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。