ソフトバンク、“仰天展開”の結末 完全買収したイー・アクセスを連結外し

拡大
縮小

ソフトバンクは1月17日、1月1日付で完全子会社としたイー・アクセスの一部株式を、通信機器メーカーなど11社に譲渡することで、議決権比率を3分の1未満に引き下げると発表した。

この構想については、東洋経済オンラインも10月に詳しく報じており(関連記事はこちら)、その後、孫正義社長も中間決算説明会の席上で認めていた。ソフトバンクはすでに、11月に総務省に報告しているという。アイフォーン5販売に関連して、KDDIとの買収合戦になった同案件だったが、一連の手続きは17日でひとまず完了することになる。

議決権比率は33.29%まで低下

今回は、議決権のある株式1649株のうち、1100株を譲渡する。100株ずつ11社に譲渡することで、ソフトバンクの議決権比率は33.29%に低下する。ただ、株式全体では99.50%を保有する。

株式譲渡の理由については、「イー・アクセス社が今後も事業を拡大させていく上では、一定の独立性を確保する必要性があると判断」したため、としている。一方で、買収会見で孫社長が強調していた、ネットワークの相互活用やシナジー創出などの取り組みは今後も進めていく方針だ。

次ページ業績への影響は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT