ソフトバンク、“仰天展開”の結末

完全買収したイー・アクセスを連結外し

ソフトバンクは1月17日、1月1日付で完全子会社としたイー・アクセスの一部株式を、通信機器メーカーなど11社に譲渡することで、議決権比率を3分の1未満に引き下げると発表した。

この構想については、東洋経済オンラインも10月に詳しく報じており(関連記事はこちら)、その後、孫正義社長も中間決算説明会の席上で認めていた。ソフトバンクはすでに、11月に総務省に報告しているという。アイフォーン5販売に関連して、KDDIとの買収合戦になった同案件だったが、一連の手続きは17日でひとまず完了することになる。

議決権比率は33.29%まで低下

今回は、議決権のある株式1649株のうち、1100株を譲渡する。100株ずつ11社に譲渡することで、ソフトバンクの議決権比率は33.29%に低下する。ただ、株式全体では99.50%を保有する。

株式譲渡の理由については、「イー・アクセス社が今後も事業を拡大させていく上では、一定の独立性を確保する必要性があると判断」したため、としている。一方で、買収会見で孫社長が強調していた、ネットワークの相互活用やシナジー創出などの取り組みは今後も進めていく方針だ。

次ページ業績への影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT