ソフトバンク、“仰天展開”の結末

完全買収したイー・アクセスを連結外し

株式を譲渡されるのはAlcatel-Lucent Participations(フランス)、Telefonaktiebolaget L M Ericsson(スウェーデン)、Comverse, Inc(米国)、Samsung Asia Pte. Ltd.(シンガポール)、Nokia Siemens Networks Holdings Singapore Ltd.(シンガポール)、オリックス、JA三井リース、東京センチュリーリース、芙蓉総合リース、三井住友ファイナンス&リース、三菱UFJリースの11社。

業績への影響額は小さい

ソフトバンクは業績への影響は軽微としているが、今13年3月期はイー・アクセスの1~3月分の当期純利益が、営業外損益の持ち分法利益として貢献することになる。来14年3月期は通期の当期純利益が貢献する形となる。

ただ、影響額は小さい。やはり、来期以降の業績を左右するのは、米スプリント・ネクステルの動向に尽きる。国内の案件の手続きを片づけたことで、孫社長も米国市場をどう攻略していくか、さらに構想を巡らせていることだろう。

(タイトル下の写真は昨年10月末の決算説明会に臨む孫正義社長)

(撮影:吉野 純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?