ソフトバンク、“仰天展開”の結末

完全買収したイー・アクセスを連結外し

株式を譲渡されるのはAlcatel-Lucent Participations(フランス)、Telefonaktiebolaget L M Ericsson(スウェーデン)、Comverse, Inc(米国)、Samsung Asia Pte. Ltd.(シンガポール)、Nokia Siemens Networks Holdings Singapore Ltd.(シンガポール)、オリックス、JA三井リース、東京センチュリーリース、芙蓉総合リース、三井住友ファイナンス&リース、三菱UFJリースの11社。

業績への影響額は小さい

ソフトバンクは業績への影響は軽微としているが、今13年3月期はイー・アクセスの1~3月分の当期純利益が、営業外損益の持ち分法利益として貢献することになる。来14年3月期は通期の当期純利益が貢献する形となる。

ただ、影響額は小さい。やはり、来期以降の業績を左右するのは、米スプリント・ネクステルの動向に尽きる。国内の案件の手続きを片づけたことで、孫社長も米国市場をどう攻略していくか、さらに構想を巡らせていることだろう。

(タイトル下の写真は昨年10月末の決算説明会に臨む孫正義社長)

(撮影:吉野 純治)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。