NTTに挑む、関西の暴れん坊

光回線の雄、関電系のケイ・オプティコム藤野社長に聞く

関西圏の光回線争奪戦が激しさを増している。その中心で暴れ回るのが、関西電力の100%子会社として2000年に誕生したケイ・オプティコムだ。関東では聞き慣れないが、関西での知名度は抜群。徹底した低価格を武器に勢力を拡大し、光回線の契約数は今年1月末で138万件と150万件に迫る。実は、滋賀県では全国で唯一、巨人・NTTを押さえてシェアトップなのである。業績面も05年から増収増益を続け、今年も8期連続の増収増益を達成する見通しだ。
ケイ・オプティコムはなぜ、思い切った低価格戦略を展開できるのか、そして巨人・NTTとどう戦っていくのか――。藤野隆雄社長に聞いた。

思い切った価格戦略

――大胆な価格戦略で顧客獲得を進めてきました。

関西電力グループは、光回線の事業者としては後発ではないのですが、ケイ・オプティコムは会社としては00年に立ち上げた新参者です。NTTなどと比べて一般の知名度は低かったので、価格面のインパクトが必要でした。他社が月額1万円を超える価格で光回線のサービスを提供していた頃、当社は6300円(100メガタイプ)と破格の値段でサービスを提供しました。

しかし、当時はADSLが普及していく中で、割高だった光回線は苦戦が続いていました。そこで、ADSL並みの料金なら普及が進むだろうと、さらに思い切った価格戦略に打って出たのが、04年のことです。

このとき、NTTは「ADSL(3710円)+一般加入電話(1837円)」のサービスを月額5547円で提供していましたが、当社はこれを下回るべく、「光回線(4900円)+光電話(300円)」のサービスを思い切って5200円に設定しました。

次ページ懐疑的な見方もあったが・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。