人事部は「脳科学と動物学」を学びなさい

八木洋介LIXIL副社長が語るワーク・ルールズ

――なぜ、オフィスとかホテルや研修施設ではなく、モンゴルまで行くのでしょうか?

これをオフィスなどでやっても楽しくないし、新しい気づきも出てきませんが、それをモンゴルの大草原の中でやると、本当にまじめに考えるんですよ。そして、3日間くらいいると、何か見つかるのです。それを大草原の岩山で24人の参加者に対して、2分間という制限時間の中、自分で語るのです。この2分間をしゃべるために徹夜して考える人が何人も出てきます。

研修なんかで覚えたことは忘れてしまいますが、「自分が考えた、これが私です」と言ったことは忘れないんですね。記憶というのはエピソードとともに残る。だから、それを焼き付けるために、モンゴルを選んでいます。

私をこれまでつくってきたものというのは、すべてエピソードとともに残っています。覚えているんですね、あのときこうだったと。それを、思い出させる。「子どもの頃で覚えていることあるだろう?」って。

小学2年生の時の校長先生の言葉

――八木さんにとっては、それは何でしょうか?

私は小学2年生のときに、校長先生が「為せば成る」と言ったのを覚えています。そのときの演台から、先生の顔、全部覚えているのです。為せば成るなんて、そんなもの小学2年生にわかるわけない。でも、覚えているわけです。

そして、私は為せば成る人生を歩んでいるのですよ。でも、小学2年生の時からそう歩んでいるんじゃない。あとで考えたら、「あの言葉を今覚えている自分というのは、為せば成る人生をやっているんだなあ」と。じゃあ、いただこうと。そういうものなんですね。

それを無理矢理起こしてやろうというのが、このモンゴルでのセッションなのです。

――毎回同行されるのですか。

全部行きます。これが、一番大事で一番重要な投資なんです。人から見たら、「八木さん、なんでモンゴルに3日間も行って」と思われているでしょう。そんなことはどうでもいいのです。人を育てることは、人事にとって一番大事ですから。

先ほど24人と言いましたが、仮にその中で真のリーダーになるのが1人だけだったとしても、私が行くことによって育ってくれる人間がいるのなら、3日間を過ごしたい。それが私の考えです。

次ページ人を変えるにはどうしたらいいのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。