人事部は「脳科学と動物学」を学びなさい

八木洋介LIXIL副社長が語るワーク・ルールズ

――なぜ、オフィスとかホテルや研修施設ではなく、モンゴルまで行くのでしょうか?

これをオフィスなどでやっても楽しくないし、新しい気づきも出てきませんが、それをモンゴルの大草原の中でやると、本当にまじめに考えるんですよ。そして、3日間くらいいると、何か見つかるのです。それを大草原の岩山で24人の参加者に対して、2分間という制限時間の中、自分で語るのです。この2分間をしゃべるために徹夜して考える人が何人も出てきます。

研修なんかで覚えたことは忘れてしまいますが、「自分が考えた、これが私です」と言ったことは忘れないんですね。記憶というのはエピソードとともに残る。だから、それを焼き付けるために、モンゴルを選んでいます。

私をこれまでつくってきたものというのは、すべてエピソードとともに残っています。覚えているんですね、あのときこうだったと。それを、思い出させる。「子どもの頃で覚えていることあるだろう?」って。

小学2年生の時の校長先生の言葉

――八木さんにとっては、それは何でしょうか?

私は小学2年生のときに、校長先生が「為せば成る」と言ったのを覚えています。そのときの演台から、先生の顔、全部覚えているのです。為せば成るなんて、そんなもの小学2年生にわかるわけない。でも、覚えているわけです。

そして、私は為せば成る人生を歩んでいるのですよ。でも、小学2年生の時からそう歩んでいるんじゃない。あとで考えたら、「あの言葉を今覚えている自分というのは、為せば成る人生をやっているんだなあ」と。じゃあ、いただこうと。そういうものなんですね。

それを無理矢理起こしてやろうというのが、このモンゴルでのセッションなのです。

――毎回同行されるのですか。

全部行きます。これが、一番大事で一番重要な投資なんです。人から見たら、「八木さん、なんでモンゴルに3日間も行って」と思われているでしょう。そんなことはどうでもいいのです。人を育てることは、人事にとって一番大事ですから。

先ほど24人と言いましたが、仮にその中で真のリーダーになるのが1人だけだったとしても、私が行くことによって育ってくれる人間がいるのなら、3日間を過ごしたい。それが私の考えです。

次ページ人を変えるにはどうしたらいいのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT