人事部は「脳科学と動物学」を学びなさい

八木洋介LIXIL副社長が語るワーク・ルールズ

――人事と脳科学の組み合わせなんて、今までに聞いたことがありませんでした。

脳科学を導入しようとしている人事は最近、時々ありますよ。あるいは、人事の世界にもう少し数字、たとえば、KPI(重要業績評価指標)を入れていこうという動きをしている人たちもいます。私の趣味ではありませんが、それも大事だと思っています。

モンゴルの草原でマネジャーを育てる

――八木さんが取り組まれているものの中に、マネジャーを万里の長城やモンゴルに連れて行って、自分自身の振り返りをさせるといったものがあるそうですが、こちらについてお伺いしてもよいでしょうか。

日本以外の国では、子どもたちは「自己主張しなさい」と言われて育っています。一番になりなさい、勝ちなさい、自分らしい生き方をしなさい、など。

反対に日本の子どもたちは、みんなと仲良くしなさい、思いやりを持ちなさい、人に迷惑をかけるな、お兄ちゃんでしょと、全部「自分を抑えろ」と教えられるのですね。自分を抑えろと育てられた人と、自分を出せと育てられた人がグローバルで一緒に仕事をしたら、どっちが主導権を握りますかね。答えは明快です。

いい仕事をしている日本人がグローバルに展開しようと思ったら、自己主張しなければいけない。「自分が正しいと思っていることを主張しよう」という世界をつくらなければいけないのです。それを見つけてもらうために、モンゴルまで行っています。

これは、脳科学とも関係があるのです。人間の性格というのは、過去の経験からほとんど出来上がっています。ゲノムもありますが、ほとんど過去の経験から成り立っているのが人間の性格です。それを思い出させるのです。

「あなたが過去においてものすごく腹が立ったときって、どんなときでしたか?」みたいなこと。そうすると、「その裏側にあなたが大切にしていることがあるよね」というような禅問答をしていきます。

次ページすべてエピソードとともに残る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT